FC2ブログ
  • 2018_11
  • <<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • >>
  • 2019_01

ぼんくら on the run


高円寺躁乱マーケット~その壱~

今回のイベントのプランはいつからあったんですか。
「ぼんやり考え出したのは去年の秋ぐらいかな。水色赤を東京で演奏させたいという」

 a.jpg

発想の根幹は「水色赤を岡山から呼ぶ」だったわけですね。
「今年の正月に美散(水色赤ベース)と電話したんだよね。すんげー長電話でさ、6時間ぐらい喋ってた(笑)何を話したのかは全然覚えてないけど、その時に初めてイベントのプランを口にしたと思う」

c.jpg 

実際にプランが動き出したのはいつなんですか。
「5月の終わりだね。二日間やるのは決まってたからどうせなら同じハコでやった方がいいだろうと思って艶街のさだぼーさんにU.F.OCLUBを紹介してもらって。で、5月の終わりにU.F.OCLUBとの契約もすんなり決まって、動き出したなって実感したね。さだぼーさんにはそのあともいろいろ助言を貰ってすごく感謝してる」

アネモネは今まで誰かのプランに乗っかるだけで主催は初めてですよね。
「そうそう。俺たちはもうロートルだしさ、キャリアだけは長いけどそんなに場数踏んでるわけでもないし今の音楽シーンとかライブハウスの仕組みとか全然知らないからさ、出演してもらうバンドの選定には苦労したよ」

アネモネと水色赤の両日出演は当然決まってたわけですよね。その他のバンドはどうやって決めていったんですか。
「まず決まったのは艶街。彼らは水色赤とは旧知の仲だし、なにより俺がファンだったから無理言って出てもらったんだ。水色赤、艶街で一日目の芯が決まったわけだ。あとはいつもアネモネが世話になってる東京ガロンヌとさだぼーさんから紹介してもらった青い目のサリー。一日目は割とすんなり決まったんだよね」

二日目が難航したんですか。
「そう。あのね、今回のイベントに関しては決めてることがいくつがあってね、まずスリーピースがちゃんと揃ってるバンド、今はドラムとベースだけのバンドとか普通にいることは知ってたし、そういうバンドにもいいバンドはいっぱいいるのはなんとなく知ってたけど今回は敢えて除外した。あとヴォーカルがしっかりしてるバンド。しっかりしてるっていうか俺好みのヴォーカルがいるバンド(笑)ここはまあ主催者特権ということで。それと日本語で歌うバンド。この条件に合ったバンドを探すのに何ヶ月もかかった。でね、最初に決まったのがマグダラ呪念だったの。以前からyoutubeで演奏は見ていて『いいバンドだなあ』と思って何の面識もなかったんだけどダメ元で連絡を取ったんだよね。そしたらすんなり出てくれることになって。嬉しかったね。これで二日目の芯が決まった。水色赤とマグダラ呪念が同じステージに立つって想像しただけで『こいつは貰ったぜ!』ってカンジだったね」

d.jpg 

この日のカラーが決まったって感じですね。
「だから残りの2バンドを決めるのが大変だった。youtubeでライブハウスの名前で検索かけて200バンドぐらい見たもん。最初の5秒で止めちゃったバンドも多かったけど(笑)

e.jpg 

ほんとに悩んだね。いいな、と思ったら既に解散してたり連絡したら『今はライブ活動はしてません。ごめんなさい』とかね。で、紆余曲折の末にダンウィッチの犬とたたらの目が出てくれることになって、やっと格好がついた。結果的にこの大雑把で飽きっぽい俺が妥協しないで粘り強く探し続けて良かったと思うよ。自画自賛になっちゃうけど(笑)完璧な布陣になったと思う」

g.jpg 

イベントタイトルの「高円寺躁乱闇市(マーケット)」はどんな経緯で決まったんですか。
「まず英語のタイトルは避けよう、と(笑)このメンツで英語はあり得ないだろう?つーかそういうバンドを集めたんだけどね。なんか俺、終戦直後ものが好きなんだよね。『仁義なき戦い』とか『麻雀放浪記』とか、ああいうふっ滾(たぎ)るような猥雑なイメージ。そういうバックグラウンドがあったんで闇市ってなんか胡乱な響きがあっていいなと思って。で、闇市の上に何かつけようと思って『騒音』だとストレート過ぎるから『騒乱』にしようかと思ったんだけどなんか字面が下品な感じがして躁乱になった。まあ自分が躁転してたってのもあるんだけど(笑)『噪音』て言葉はあるけど『躁乱』はないんだよね、本当は。だから造語なんだけど」

フライヤーの文字を美散さん(水色赤)に書いてもらったのもイベントタイトルに関連してるんですか。
「そうだね。いや、タイトルが決まる前からフライヤーの文字は美散に書いてもらおうと思ってたんだけど、高円寺躁乱マーケットに決まって必然性が一気に増したって感じだね。バックの写真は実際の闇市の写真を使ってあとはガロンヌの美木ちゃんに任せた。想像の上を行く良い出来だったね。読みづらいところがなんとも味があって嬉しくなっちゃった。結局それじゃあまりに不親切かと思って普通のバージョンも作ったけどね。一番最初に送られてきた色校はプリントアウトして部屋の壁に貼ってある。開演時間が間違ってるレアなバージョン(笑)」

1116c.jpg 


(次回に続く)


スポンサーサイト

  1. [ edit ]
  2. 未分類
  3. / trackback:0
  4. / comment:0


 管理者にだけ表示を許可する
 


プロフィール

yukio

Author:yukio
昭和のモラルで生きるのたくり者

最新トラックバック

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
音楽
1490位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
141位
アクセスランキングを見る>>

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

« 2018 12  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -